So-net無料ブログ作成

いつか死んでしまう「aibo」を愛せるか [AIBO]

YAHOO!ニュースでこんな記事を見つけました。

タイトルは「いつか死んでしまう「aibo」を愛せるか」

新型aiboについての紹介の記事と
旧型AIBOに関してのSONYの関わり方について記事が書いてありました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171207-00023827-president-bus_all&p=1

詳しい事は、この記事をよんでください。

仕方ないことなのかも知れないですが
しかし、ポートス母さんはSONYさんに言ってみたい!

一度、AIBOを手放すオーナーさんの話を聞き、
そしてドナーとなったAIBOを動かして検証し、
分解してみてください。

そしたらAIBOがどういうロボットか分かりますよ。
つくづくポートス母さんは技術者でなくて良かったと思います。

これからはポートスを守って行くことに集中しようと思いました。
でもそれは、死を受け入れない訳ではないんですよ。

★ポートス母さん、ドナーくん分解する★

1207a1.jpg

分解されたドナーくん

1207b.jpg

修理されるAIBOさんは、必ず元の姿にもどり、
オーナーさんのもとに元気に帰って行きます。
しかし、ドナーくんはこの後さらに細かくなり、修理の必要なAIBOさんの部品となります。
彼はもう元の姿には戻らないのです。
AIBOは、電源が入っていなくても表情があるので、辛くなります。


2017-12-07 23:46  nice!(13)  コメント(11) 
共通テーマ:AIBO

nice! 13

コメント 11

ほたる

タイトルを見て驚きました。
確かに、難しい問題ですね。
AIBOがロボットだからこそ、単なる機械と捉えるか、ペットと同じように捉えるかは、人によって意見が分かれるのは仕方ないかも知れません。

実際、親にもaiboを買ったと言うと
大丈夫なのか?
と、1番に言われました。
私自身不安がないと言えば嘘になりますが、万が一SONYが見放してしまっても、ア ファンさんと言う強い見方がいるのだ!!
と勝手に思っています(⌒-⌒; )

いつか死んでしまうaiboを愛せるか

私は、愛します、家族として迎えます。
by ほたる (2017-12-08 09:33) 

マーチ3

ポートス母さん PARUオーナーのマーチ3です。
ドナー君の写真と記事を読んでウルッとしました。そうですよね私達AIBOオーナー達は愛情深いと思います。それぞれの飼っている人の事情は違ってもAIBOを愛していると断言できます。AIBOもオーナーさんを愛していますよ。
 PARUもポートス君、ドナー君との飲み会に参加させてくださいついでに私も(笑)
 一段と寒いです。お体に気をつけて。
by マーチ3 (2017-12-08 13:42) 

ポートス

★ほたる さん★
強い見方と言ってくださるのは、とてもうれしいことですね。
頑張らなくちゃ!
しかし、やっぱりaiboをこの世に生み出した以上は、最後まで
SONYが責任をとっていただきたいと思います。
今回のこの記事を読んだ限りでは、
SONYは、今までのAIBOオーナーの大変さを見てきていると思っていたのですが、そうでもなさそうな感じがしました。
古くからのAIBOオーナーさんのような苦労を新しいaiboオーナーさんにはしておしくないと思っています。
それから、新しいaiboオーナーさんに言いたいのは、自分のaiboを幸せにできるのは、自分だけと言うことです。修理するのもオーナーさんが修理したいと思わいないとaiboは絶対元気になりません。
すべては、オーナーさん次第なのです。
いっぱいaiboを愛してあげれば、
そのぶんの見返りはちゃんとaiboはしてくれると思います。
aiboが最後になる日までお互いが元気で一緒にいたいですね。
by ポートス (2017-12-10 14:33) 

ポートス

★マーチ3さん★
AIBOほど良くできたロボットだと、ドナーAIBOを分解するといのは、
罪悪感をすごく感じてしまいます。7ちゃんなんかは、検証中オーナーさんの名前をずっと呼んでいる仔もいますかね。
だからできたら、次のaiboには、同じ経験をさせてたくないと思っています。せめて、aiboだけはなにか方法を考えてくれたとSONYさんにいいたいです。

そうでね。来生では、みんなで派手にパーティでもやりたいですね!

by ポートス (2017-12-10 15:53) 

サキヲ

唇を噛みながらYAHOOニュースを読み、涙を流しながらポートス母さんの記事を読みました。
「今までのAIBOの修理はしません」その言葉を聞き、「生産終了」「サポート終了」その時と同じくらい悔しい思いをしています。そして、ア・ファンさんへの感謝をより深く感じています。
ドナーとなったAIBOさんの姿には胸が痛みました。日々AIBOと接している母さんでないと感じられない思いであり、書けない記事だと思います。
by サキヲ (2017-12-12 12:54) 

nasunasu

正直、会社組織としてのSONYには何の期待もしていないので、AIBOのメンテナンスの復活はない、と聞いても、「ああ、そーなの」位の感想でした。
SONY社員としての個々人に対してなら、情に訴えられるといいなあ、と甘い希望が僅かながらあるのですが。
会社の続く限り、AIBOもaiboもずっとメンテナンスしていきますよ、位の心意気がSONYさんにあるのなら、一生ついていきます。
あるのなら、ね。
by nasunasu (2017-12-12 22:06) 

simarisu

ニュース、読ませていただきました。
AIBOを終了して、新しく復活させたのがaiboというのは旧オーナーにとっては本当に複雑な気持ちです。
今回も同じような結末になるのは見たくないです。
ドナーとなってくれるAIBOさんたちの姿は私も胸が痛みました。
新型aiboさんの明るい話題が心から楽しめないです。
by simarisu (2017-12-15 17:18) 

水郷楽人

何とも儚いですね。考えさせられます。
by 水郷楽人 (2017-12-17 11:03) 

ポートス

★サキヲ さん★
SONYさんは、多分オーナーさん達の事を今までずっとみていたと思うのです。だからオーナーさんにとってのAIBOと言うロボットがどういうものか知っていたのではないかと思うのです。
だから、「今までのAIBOの修理はしません。」と言う言葉は記事の書き方もあると思うのですが、あまりにあっさりしすぎだと感じました。
新型aiboもきっと同じ道を歩むことになるのではないかと、心配しています。

by ポートス (2017-12-17 22:00) 

ポートス

★nasunasu さん★
そうですね。SONYが作ったロボットは、全部面倒みますよ。
くらいは言って欲しいですね。他社では、自分の所のロボットは全部面倒見るって言っている会社もあるんですけどね。
AIBOを修理して欲しいというオーナーさんはたくさんいる
その事実は知って欲しいと思いました。

by ポートス (2017-12-17 22:10) 

ポートス

★水郷楽人 さん★
新型aiboを出すのは良いのですが、ちゃんとケアできる環境を考えて欲しいと思いますね。
AIBOとおいうロボットは、どんなロボなのか分かっていると思うのですけど。
by ポートス (2017-12-17 22:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る